受けが成立するとは

一般的に受けが成立すると言えば、

1.ダメージを上回る回復量を確保する

ことか

2.(回復がなくても)後出しでも相手を倒せること

をさします。

一般的な定義は上記の2つですが、ここではもう少し違う意味で使いたいと思います。

このサイトにおける”受けが成立する”とは

後出しから十分な速度で確実に相手を倒せること

とします。

例えばドヒドイデ対エアームドという対面があったとします。

この場合お互い決め手に欠けてしまいます。

毒にならないエアームドに対して、ドヒドイデでははねやすめによる回復量を上回るダメージを与えることができません。
またエアームドもやけどにならなくてもドヒドイデを突破することができません。 やけどになればさらに突破は不可能になります。

この場合、一般的な定義ならお互いに受けが成立していると言えます。

しかし、控えにもよりますが防御ランク6のエアームド相手に入れ替えはできませんし、またエアームド側も入れ替えができないかもしれません。実際にはどちらにも決め手がなく、永遠とPPを消化する不毛な状態になっていると言えます。

自分はこの状態を受けが成立しているとは思わないです。

後出しからしっかりと相手のポケモンを処理する。
ここまでを受けが成立するとこのサイトでは定義させていただきます。

他にもみがわりの突破に時間がかかりたべのこしで体力を回復されきってしまう場合や、ダメージソースがないのに永遠と回復をしなければならない状況も受けが成立していないものとみなします。
後者の場合はたまに攻撃ができると思いますが、3~4ターンに1回しか攻撃ができず、かつ大したダメージがあたえられないなら遂行速度が遅すぎるので成立していないとみなします。自分の基準ですが、回復技を半分は残して1体を倒せるくらいは速度が欲しいと思っています。(この場合なら確定2は欲しいことになります)

もちろんこの状態を意図的に作り出しTODでの勝利を狙うことも立派な作戦ですし、なってしまった以上これ以外に勝ち筋がないならやるしかないです。
なのでこの状況をただ否定ししたいというワケではありません。

でもせっかくなんでできるだけちゃんとした処理ルートを持たせたい、と自分は思っているからです。

そしてそれは1匹のポケモンで無理矢理やることはありません。
ポケモンはチームバトルです。ドヒドイデが突破できないなら違うポケモンで突破すればいいんです。

そうやって補完しながら戦うことがしやすいのも受け構築の大きな特徴です。

なのでドヒドイデでエアームドの受けが成立しないなら、違うポケモンで成立させればいいんです。

この場合なら、やけどはドヒドイデにまかせるとして例えばクレベースならはねやすめ読みでだせればアイテムなしでも受けを成立できます。他にもやけど状態ならウインディも特殊技を採用しれてば受けを成立できます。

こんな感じであえて役割対象を突破できるところまでを含めて”受けの成立”としています。

こうやって仲間の補完をしながら構築をすることで、より強固な構築をすることができるんです。

しかし綺麗事だけでポケモンは語れません。

全部をカバーすることはさすがに不可能

自分はそう考えています。

なので、滅多にいないけどこんな構築でこんな型はあらかじめHP差を付けてTOD狙いとかも必要になってきます。
その場合は無理に受けを成立させることは無いと思います。

プレイングでカバーできるなら、それも全然アリなんです。

でもできるだけ多くの相手をしっかりと処理していくことを考えて構築することでより洗練させた構築になりますし、同じようにしっかりと処理していくことを考えながらプレイすることでよりプレイングも洗練させたものになっていきます。

構築スキルを伸ばしプレイスキルも伸ばし、いつでも勝ち筋を見出せるようになる。そんな成長も含めてます。

なのでこのサイトでは処理できるところまでを含めて受けの成立とさせていただきます。

最後に

共感したり参考にしてもいただくのは大いに結構ですし嬉しいですが、他のサイトや掲示板などでは一般的な意味で使われるのでご注意ください。