第1回 ラッキーとハピナス

鎧の孤島現在で彼女らを凌ぐ特殊受けは存在しない。

しかしラッキーとハピナス、進化前と進化後であり非常に似たような個性を持っています。

では両者の違いはなんなのか?今回はそれを考えていきたいと思います。

前提条件

前提条件として、ラッキーにはしんかのきせきを持たせます。

これを持たせなければラッキーを採用する意味がないからです。

これを前提として話を進めていきたいと思います。

ステータスの比較

まずはステータスの比較をしていきます。

ラッキーのステータス

種族値

HP 250
こうげき 5
ぼうぎょ 5
とくこう 35
とくぼう 105
すばやさ 50

ステータスの実数値

特化 極振り 無振り
HP 357 357 325
こうげき 62 57 25
ぼうぎょ 62(93) 57(85) 25(37)
とくこう 95 87 55
とくぼう 172(258) 157(235) 125(187)
すばやさ 112 102 70

※特化は努力値最大性格補正あり、極振りは努力値最大、無振りは努力値もなし。個体値は31。()の中の数値はしんかのきせき込の数値。

ハピナスのステータス

種族値

HP 255
こうげき 10
ぼうぎょ 10
とくこう 75
とくぼう 135
すばやさ 55

実数値

特化 極振り 無振り
HP 362 362 330
こうげき 68 62 30
ぼうぎょ 68 62 30
とくこう 139 127 95
とくぼう 205 187 155
すばやさ 117 107 75

比較

特化 ラッキー ハピナス 差分
HP 357 362 5
こうげき 62 68 5
ぼうぎょ 62(93) 68 25
とくこう 95 139 44
とくぼう 172(258) 205 53
すばやさ 112 117 5

特化した場合の差は差はこのようになりました。

ステータスから考える

それではステータスから両者の比較をしていきます。

ぼうぎょがそこそこ、とくこうととくぼうが結構な差になっています。

ぼうぎょは数値としては大きくないですが倍率が大きいので、実際の被ダメージはかなりの差になります。

ステータスから分かることは、

ラッキーは耐久に優れ、ハピナスはとくこうに優れている

ということです。

まぁよく言われることですけどね。

少し表現を変えてみれば

ラッキーはサイクル性能が高く、ハピナスは崩し性能が高い

ということもできます。

次は実際の使用感について書いていきたいと思います。

実際の使用感の違い

正直数字なんて出されてもしかたなく、実際どうなん?というところが大事です。

ここでは中の人が実際に両者を使ってみて、感じたことや思ったことを書いていきます。

ラッキーの使用感

特殊耐久神。とにかく積まなくても硬すぎる。

物理もまぁまぁ受けれる。だが期待してはいけない。

良くも悪くも持ち物固定。競合相手が限られる。ほぼポリゴン2とサニーゴ。

持ち物ありきのポケモンなので、はたきおとすやトリックされると途端に弱体化する。

火力はない。抜群れいとうビームや10まんボルトよりもちきゅうなげの方がダメージが出ることが多い。

ダイマックスしてもやることがない。もちろん受けとしてのダイマックスは可能。

ハピナスの使用感

特殊耐久オバケ。特殊受けは基本的に心配ない。

物理面はペラペラ。高火力のポケモンだととんぼがえりでもかなりイタイ。

持ち物が自由。もちろんパーティーとの相談になる。

持ち物を失っても耐久面が落ちない。ただしはたきおとすそのものがイタイ。

意外と火力が出る。ちきゅうなげに頼る必要は少ない。

ダイマックスで崩していける。有効活用できる。

メリットとデメリット

これまでのことから感じた両者のメリットとデメリットです。

メリット デメリット
ラッキー ・耐久面で優れ、繰り出し性能がより高い

・物理耐久もそこそこ

二刀流に対しても受けれる可能性がある

・サイクル性能が神

・特殊耐久絶対神

・事実上持ち物が固定

ダメージ源がちきゅうなげに依存

・柔軟性が低い(それを求めるならハピナスでいい)

・ダイマックスしてもやることがない

ハピナス ・攻撃面に優れ、崩し性能が比較して高い

・火力が高く、ちきゅうなげに依存することがない

・持ち物が自由

柔軟性が高い

・ダイマックスを有効活用できる

・物理耐久はない(これを求めるならラッキーでいい)

二刀流を受けるのはほぼ無理

赤字と青字は個人的に重要だと思ったところです。

ラッキーは思ったよりも物理耐久もあり、努力値と相手によりですが二刀流を受けることも可能です。

ハピナスは高めの火力と自由な持ち物で柔軟な戦いができます。

差別化について

使用感が全然違うので個人的には差別化は必要ないと思っています。

ですが、もし明確に差別化するならという個人的な見解を書いていきます。

ラッキー

ぼうぎょに多めに努力値を当ててある程度の物理耐久を持たせる。

ステルスロックなどを採用してサイクル戦により強くする。

受け崩しでめいそうを採用するならHB特化などぼうぎょを厚くし、両受け性能を高める。

むしろ受け崩しを捨ててサイクル特化にする

ハピナス

たべのこしや木の実、火力サポートアイテムなどを有効活用する。

柔軟に立ち回れるので、特殊受け以外の役割も持たせる。

受け崩しでめいそうを採用するならとくこうに努力値を割り振り火力を活かす。

むしろ物理耐久を捨てて高めの火力を活かす。

まとめ

先程も書いたとおり、ラッキーとハピナスは使用感が全然違うので無理に差別化する必要はないと思います。

”それでも差別化を考えるなら”程度で読んでください。

ラッキーとハピナス比較まとめ

ラッキーとハピナス。似ているようで使用感が全然違います。

前項で差別化をしましたが無理に差別化をすることはなく、何をベースにして何をさせたいのか?でどちらを採用するかを決めればいいと思います。

主に耐久ベースならラッキーに、火力と柔軟性ベースならハピナスになります。

そしてこれは単体でどうというよりも、パーティーの中でどんな役割を持たせたいのかが重要です。

なのでHD特化でめいそうするラッキーがいてもいいですし、HB特化のハピナスがいてもいいと思っています。

もちろんどちらも特殊受けとしての性能は破格です。

個人的には”どちらか”ではなく”どちらも”採用しても面白いと思っています。

HBラッキーとHDハピナスとか面白いと思っています。

もしやったら物理かくとう受けは必須ですね笑

最後に

さんざん書いてこんなこというのも難ですがここで読んでいるだけではなく、実際にどちらも使ってみて肌で感じて見ることをお勧めします。

思ったよりも使用感が違うこの2匹、面白いです。

知識や経験を増やしてプレイヤーとして成長できます。

ぜひレベルアップして、楽しい受けループライフを楽しんでくださいね。

比較

Posted by pon