受けループの基本のホン

ここでは受けループを使う上での基本的な考え方と基本的な戦略や構築について書いていきたいと思います。

これを知り実践することでマスターボール級くらいにはなれるのではないかと勝手に思ってます。

もちろん受けループに限らずなところもあるので、これからポケモンを楽しむ上で憶えておいて損はない内容だと思っています。

キホンは”相手のチームを崩す”こと

これは受けループに限らずどの構築や戦略でも、言ってしまえばやっていることはこれに尽きます。

例として挙げるなら、3タテを狙う積み構築が分かりやすいと思います。

ここでははらだいこリザードンを例として挙げてみます。

実際にランクマッチで出会った相手なのですが、ジュラルドンでステロ壁貼りからのてっていこうせんで自主退場、リザードン無償降臨はらだいこからダイマックス。そしてダイジェット。圧倒的な火力と十分な素早さで相手を叩き潰す。

これは圧倒的な火力で相手の受けを許さないという、超攻撃的な方法で相手チームを崩すことを狙った戦術です。

ジュラルドンを完全にサポートにまわしてもリザードンが全部倒してくれればいい話です。

相手のチームをまるごと崩せるので分かりやすく、かっこいいリザードンが暴れまわり無双する姿は惹かれる方も多いことでしょう。

では受けループにおいて”相手のチームを崩す”とはどうすればいいのでしょうか?

それを考えるためには実はまだ足りない要素があります。

相手の”チーム”を崩すとは

簡単に言えば

先に相手チームの3体を倒せる状況を作ること

です。

これ、かなり重要です。絶対にテストに出ます。

ポケモンはチームバトルです。

最近の一般的なルールのシングルバトルなら3VS3で試合が始まります。

基本的にはこの3体を先に倒したほうが勝者になります。

まぁそんなことは知っていると思います。

ではそれを見越して質問です。

問:相手のチームを崩すために必要な要素は何でしょうか?

先に相手の3体を倒せば勝てることが分かっているなら、どうすればそれが達成できるのかも考えているはずですよね。

そうでなければ勝てませんからね。

多くの場合パーティーを構築するよりももっと前、構築のコンセプトの段階で大体これは決まっていると思います。

勝ち方に合わせて構築しているはずなので、この考え方は合っていると思っています。

そもそもが楽しむことだけがコンセプトである場合もありますが、ここでは一旦おいておきますね。(個人的にそれも好きなんですけどね)

それでは先ほどの問の答えを発表します。

答:コンセプトにより違う

これが現時点で自分の考える答えですが、今後も多分変わらないと思います。

先ほど書いたとおり、コンセプトに合わせて構築をしているはずです。

なので、それを差し置いて進めることはできないと考えています。

例えばはらだいこリザードンなら圧倒的な火力を押し付けることが正解です。

受けがメインの構築なら受けるダメージよりも与えるダメージを大きくすることで相手を崩します。

受けループの場合は与えるダメージ量は少なくても回復することで一方的にダメージを与えている状況を作り出すことになります。

このようにコンセプトにより千差万別です。

なのでどの答えも正解です。

そしてこの答えの種類ですが、大きく分けて2つの種類に分けられると考えています。

まぁどういった概念で分けたのかが重要ですね。

相手を崩す答えの種類とは

自分は分かりやすい言葉を使うなら”能動的”か”受動的”かという概念で分けました。

力と技といってもいいですし、やりたいことをやるのとやりたいことをやらせないでもいいと思います。

でもここでいいたいのは

崩し方を決めるのが構築段階か試合が始まってからか

で考えています。

もっと詳しく書いていきましょう。

構築段階で崩すとは

積み構築はこの傾向が強いと思います。

自分の構築の勝ち筋が明確で、試合が始まってからもそのルートに沿って動いていく。

要は構築段階で相手をどうやって崩すのかが明確で、能動的に崩していくパターンです。

自分の得意を押し付ける戦い方ですね。

やることを自分で決められるので分かりやすく扱いやすい、素直な戦い方といえると思います。

試合開始後に崩すとは

構築段階で明確な勝ち筋を決めていない(決められない)構築がこれにあたります。

受けループはもちろんこっちです。

受けループではどんなポケモンが出てきても無理矢理突破なんて到底できません。

そのため役割は決まっていてもそこまで明確な勝ち筋は始まらないと作れません。

相手のポケモンを見て選出を決めて、試合が始まってから崩し方(勝ち筋)を組み立てていく。

これが試合開始後に崩すという戦い方です。

相手に合わせて行動できるので、とても柔軟で多様性のある戦い方といえると思います。

一応念の為に・・・

この2つのはどっちの比重が大きかというだけで、どちらかしかない。というワケではありません。

前者でも状況に合わせて動くことは必須ですし、後者でも構築段階である程度の勝ち筋は考えておく必要があります。

このページ全体がそうですが、改めて受けループに限らず、で読んでいただけると幸いです。

受けループにおける”相手チーム”を崩す基本のホン

長くなりましたがやっと本題です。

先ほど書いたとおり、受けループは試合開始後に本格的な崩し方が決まります。

ですが、実際にはその前にやることが意外とたくさんあります。

相手のパーティーを見てやりたいことを推測し、それに対抗できるポケモンを選ぶ。

これも試合開始前にやることですね。

ですがこれを達成するためにさらにやることがあります。

前提条件を作るといったところですね。

それができる構築をする(構築編)

これをやらないと相手に対抗できる選出ができるワケがないですね。

しかし、全てに対抗できる構築は無理があると思います。

コンセプトが無限なのに対して、パーティーとしてできることは限られているからです。

なのである程度どんな相手に勝っていきたいのかを決める必要があります。

例えば積み構築に対抗できるようにしたい、というモノがあるとします。

それなら積みに対抗できるポケモンを用意しなければなりません。

方法はたくさんあります。

例えばくろいきりやクリアスモッグでリセットする、特性てんねんで積み自体の意味をなくす、積み返して耐えるなどですね。

どの方法を選ぶかでパーティーに入れるポケモンが変わってきます。

くろいきりならドヒドイデやヌオーやミロカロスなどが使えます。

クリアスモッグならトリトドンやモロバレルなどが使えます。

特性てんねんは主にヌオーとピクシーが持っています。

積み返すならてっぺきやドわすれが速度が早くて優秀です。

そして方法も大切なのですが、どれくらい対抗したいのか?も重要です。

絶対に積み構築に負けたくない!というのであればドヒドイデにくろいきり、てんねんのHB特化ヌオーにたくわえるでHD特化ピクシーにめいそうドわすれコスモパワーあたり、てっぺきを搭載したクレベース、持たせるアイテムも徹底的に積み構築に対抗するものに。

こうすれば相手がどんなに積んでこようが誰でも相手ができます。

が、もちろんその他への柔軟性が減ってしまうのも事実です。

どんな相手にどれくらい戦えるようにするのかはプレイヤーによっても環境によっても変わってきます。

どんな方法で対策がしやすいのかもプレイヤーで違います。

このあたりは試行錯誤して自分なりの答えを見つけていくしかないと思います。

言い方を変えれば、自分に合わせて調整できるということですね。

強豪受けルーパーの中には多くをプレイングでカバーする人もいますし、明確な対抗策をできる限り多く持たせている人もいます。

正解は自分で見つけるしかないということですね。

基本的な動きはどうするのかを前提として、どんな相手にどう立ち回っていきたいのかを考えて、ポケモンと技構成とステータスを決めて、相互補完などの相性もできるだけ考慮しつつ、時には何かに特化したポケモンを挟み込んだりなど、パーティーも無限の可能性を秘めています。

自分が使いやすい構築をぜひ見つけてくださいね。

ちなみに環境は常に変わり続けるモノなので、ベストというものはないと思っておいたほうがいいです。

順位(ランク)、時期(シーズン)、時間帯、曜日、そして運など、様々な条件で環境は簡単に変わります。

なのでベターはあってもベストはないです。

それでは構築が終わったら今度は選出です。

相手の意図を見抜く(選出編)

無事構築が終わり、いざネット対戦へ!そして無事マッチング!

そりゃあまぁ無事にマッチングしてくれないと困ります。とっても。

ここでは相手の構築の意図をどう汲み取っていくのかを書いていきます。

一言でいえばとっても簡単です。

相手の勝ち筋を見つければいいのです。

はい、言うのは簡単ですね。

受けループにとってこれがどれくらいの精度でできるかで大きく勝率が変わります。

相手が選んだポケモンに対して、こちらが対抗できるポケモンを選ぶことができれば絶対的に有利です。

そしてこれは相手も同じです。

そんなお互いの思惑が入り乱れる中で適切なポケモンを選出しなければならないのですが、一応簡単な選出基準はあります。

それは”並び”を見ることです。

選出時の時間切れ対策で基本選出を上に持ってくることがあります。

要は上3匹のポケモンが相手の基本戦術である可能性が高いという考え方です。

まぁ実際にはそんなにアテになるものではないですが、有名な並びを知っていれば並び順が違ってもある程度の意図が汲み取れるのは事実です。

例えばロンゲキッスという並びを聞いたことがあると思います。

これはオーロンゲで壁を張ってトゲキッスが安全に積んで戦う並びです。

この2匹が入ってる時点で相手はそれを意図した構築を使っている場合が多いです。

コータスかキュウコンとリザードンならサンパワーリザードンであると推測できますね。

カバルドン+ギャラドスがいれば大抵あくび+ステルスロックで攻めてきます。ここにブラッキーでも居ればほぼあくびで起点を作るプレイヤーです。

バンドリというバンギラスとドリュウズの並びも有名ですが、あまり砂パはなく対面構築であることが多い気がします。(多分中の人が気が付いてないだけで砂パだったかもしれない)

このように有名な並びから相手の意図を推測することができます。

そしてその相手の意図を失敗させることができる選出をしていくことが受けループでは非常に重要になります。

例えばロンゲキッスだったらわるだくみトゲキッスを後出しで止められてダメージもあたえられるポケモンが必要になります。

自分の場合は2020年の6月シーズンではHD特化のてんねんピクシーがこの役割をしていました。

いろんな型を使ってみましたが、この役割だけでいえばめいそう+つきのひかり+10まんボルト@1もちものはタラプかオボンが使いやすかったですね。

ちなみに今この役割は特殊耐久オバケのハピナス氏が特殊受け全般を含めてやっています。

有名な並びを知らなくても、たくさん対戦をしていろんなポケモンと触れ合って、いろんなことを知れば相手の並び、というかパーティーからかなりの精度で意図を見抜くことができるそうです。(自分はこのレベルにはいない笑)

もちろん猛者同士の試合になれば相手もこちらの意図を汲み取ってあえてヘンな選出をするかもしれません。

そこは駆け引きであり、ポケモンの面白さであると思います。

まぁいきなりそのレベルを目指すことはありませんし、もちろんいきなり目指してもいいのですが、まずは”相手にやりたいことをさせないためにどうするか”というのが受けループの基本選出であることは憶えておいてください。

もちろん、受けループとして受けが成立することは大前提ですので、そこは絶対に忘れないでくださいね。

それでは選出が終わったらいよいよ試合開始です!

本格的に相手チームを崩す(試合編)

さて、ようやく本編のスタートです。

これが一番書きたくてこのページがある笑

試合が始まり初手対面、ここからが本番です。相手の意図を本格的に潰します。

ここでこれはこーやって潰してあれはあーやって潰して・・・みたいなことは書きません。

構築段階で決めた処理ルートやその場でできる処理方法を使って柔軟に対応してください。

書いていたらキリがないです。

ここで書きたいのはそこの対処法ではなく、それと並行してやっていかなければならないことの方です。

これを知り考えながらプレイすることで勝率はグッと上げられます。

その並行してやっていくこととは、

確実にアドバンテージをとっていくこと

です。(【超重要】アドバンテージについて)

これは非常に重要です。

受けループ以外でも意識していくと変わってくると思いますが、受けループでは超重要です。

そして試合が進んでいけば、だんだんと相手の手の内が見えてきます。

選出してたポケモン、使ってくる技、相手の行動の傾向、場合によっては持っているアイテムも判明してきます。

これらが判明するまでももちろんですが、判明したら一気にアドバンテージを確保していきます。

判明するまでの基本行動はアドバンテージについてのページに書いてありますので、そちらを参照してください。

判明してから強いのが受けループです。ここから反撃が始まります。

そしてその反撃を始めるにあたり、もうひとつここまでにやっておくことがあります。

それは

相手のプレイスタイルや癖を見つけること

です。

これは最重要になります。

選出やこれまでの技の打ち方や交代などから、相手の人物像を割り出します。

要は読む材料を揃えておくといったところですね。

それらが集まったら本格的に相手を詰ませに行きます。

分かりやすい例としては、相手の残りポケモンが物理のみか特殊のみの場合です。

物理のみならエアームドやクレベースにてっぺきを積ませれば勝ちです。

特殊のみならハピナスやラッキーがいれば勝ちです。

要は相手が突破できない状況を作るということです。

もちろんそんなに簡単にそんな状況は作らせてはくれません。

ですが、この状態を作れればほぼ確実に勝てるんです。

大抵は降参されます。

それでは実際にどうやってこの状況にもちこんでいくのかを書いていきます。

集まった情報から役割を決める

まずは集まった情報から役割を決めます。

例えば相手の選出がエースバーン(炎/物理)、ラプラス(水氷/特殊)、ウオッシュロトム(電水/特殊)で、こちらの選出がドヒドイデ(水毒/物理受け)、エアームド(鋼飛/物理受け)、ハピナス(無/特殊受け)だとしましょう。

これなら役割対象は

ドヒドイデ→エースバーン
エアームド→役割ほぼ無し、ぜったいれいどと積めばエースバーンくらい
ハピナス→ラプラス、ロトム

になりますね。

役割が決まったら、次は崩し方・・・

ではなく、その前に相手の勝ち筋を見つけていきましょう。

相手の勝ち筋を潰す

これ、重要です。

もちろんこれは常に意識していなければならないことではありますが、相手の戦術が判明したならそれを確実に潰していく必要があります。

受けループでは、相手の勝ち筋を潰すこと=自分の勝ち筋を作ることであることが多いでので、しっかりと意識してくださいね。

先ほどの場合なら、一番の負け筋はハピナスが落ちることです。

ハピナスが落ちればロトムとラプラスが止まらなくなります。

ドヒドイデが落ちることも負け筋になります。

エースバーンを止めることが難しくなるからです。

エアームドには明確な役割がありませんので、自由に使えます。

つまり相手の勝ち筋は”ドヒドイデかハピナスを倒すこと”になりますね。

それを防ぐことが相手の勝ち筋を潰すことになります。

そしてダイマックスには注意が必要です

理想は相手がいつダイマックスをしてきてもいい状態を保つことです。

もちろん理想の話ですが、もし今ダイマックスされたらどうなるか?それをどう対処するのか?ということは、常に意識しなければなりません。

めんどくさいかもしれませんが、崩されれば負けです。

それが受けループです。

ダイマックスだけに限らず、ぜったいれいどもかなり危険な技なので対策していきたいですね。

相手の勝ち筋が分かったら、それを阻止しながら相手を崩していきます。

崩し方を決める

役割が決まったら、本格的に相手を崩していきます。

今回の例ならエースバーンを落とせれば一番簡単になりますね。

それからラプラスも早めに落としてぜったいれいどでの事故も減らしたいところです。

ここからは相手のプレイスタイルなどの性格も絡んでるので、一概にこれが正解とはいえなくなってきます。

ですが、その中でエースバーンとラプラスに一番大きな負荷をかけられる選択をしていくことになります。

相手の交代の仕方や立ち回りの癖を考慮して、多少居座ってくる時には火力を上げるために積むのもありですし、すぐに引く相手ならこちらは攻撃をし続けます。

もうどくが一貫して入る事はありがたいですね。もうどくになれば相手は居座りにくくなります。

難しいですがエースバーンがやけどになればそれも勝ち筋を大きく増やすことになってくれます。

相手のプレイスタイルを考慮しつつできるだけ大きな負荷をかけていくこと。が受けループにおいて相手を崩す基本になります。

粛々とじっくり相手を崩していきましょう。

相手を崩すことができれば、あとは詰将棋みたいなものですので勝つだけです。

確実にこちらの勝ち筋を作っていきましょう。

それではまとめに入ります。

受けループの基本のホン・まとめ

・基本は相手チームを崩すこと

・相手チームを崩せる構築と選出をすること

・アドバンテージを取りながら相手の手の内を探ること

・相手の手の内が分かったらそれを崩していくこと

といったところですね。

このページを読むだけでも意味はあると思いますが、実践しながら理解することでより意味があるモノにできると思います。

受けループでの考え方をメインに書いていますが、他の構築でも共通して使える考え方もたくさんあります。

そしてたくさんの知識を得たりするものもちろんいいのですが、やっぱり経験にはかないません。

たくさん失敗しても大丈夫です。特に受けループは失敗するごとに強くなれます。

失敗し、それについて考えて、立ち回りや構築を見直して、また挑戦して。

その繰り返しが強くなる秘訣であり、奥義だと思います。

自分も単純なモノからよく変わらないモノまで、失敗の数は誰にも負けないくらいに失敗してます。

でも、そこから学んでプレイヤーの経験値を増やして、より高みを目指しています。

まぁ自分の場合は肌で感じないと憶えられないタイプなので、当たり前なことすら失敗してたりしますからね。

それが自分のプレイスタイルです。

それでいいんです。

そして長々と書いてきましたが、このページは”受けループに関するひとつの考え方”に過ぎません。

これが絶対的な正解というワケではありません。

プレイスタイルが違えば立ち回り方も全く違ってきます。

それが自分は面白いと思っていますし、それがいいとも思っています。

みんな自分なりの方法でポケモンを楽しんでいきましょう(^^)

結論 楽しめればオールOK!

おまけ・中の人の積み対策

自分も積み対策はもちろんしています。

2020年6月シーズンではランク帯によりますが、積み構築が多い時はてんねんのヌオーとピクシーを両方入れていた時もありました。技もいろいろ試行錯誤しながら使いました。

ドヒドイデにくろいきりを使わせたりもしたんですが、自分はあまり上手く使えなかったです。

ちなみに冒頭のはらだいこリザードンですが、実は間違って違う型のヌオーを連れて行ってしまったのですが、それが見事にハマりヌオー1匹で降参させました。

参考:その時のヌオー

A抜け5V、HB特化余りS、てんねん

もちもの アッキのみ

ねっとう/まもる/どくどく/じこさいせい

本当はまもるじゃなくたくわえるを連れて行く予定でした。

(そのつもりでアッキのみを持たせたんですよね汗)

しかし、ジュラルドンの2回目のてっていこうせんをまもるで無効化、リザードンのはらだいこ→どくどく、ダイジェットをまもる→まもりきれないダメージ→アッキのみ発動。

ヌオーは防御が1ランク上がればリザードンの物理は全部受けれます。いのちのたまでも余裕です。

そしてはらだいこ中にもうどくになっているので、しのげば勝手に倒れてくれます。

しかもまもるでの時間稼ぎもできます。

3体目は忘れましたが、そこで降参でした。

ヌオー1匹で完封した試合でした。

うん、ヌオーかわいい。

結論 積み対策はてんねんヌオー、きみにきめた